「中国茶房8」は究極の水餃子ぞろい!24時間空いています。

「なんだか無性に水餃子が食べたい…!!!」という日ありますよね?

 

仮に夜中に思ったとしても、行けちゃうお店があるんです。諦めなくていいんです。

 

注文してから手作りする餃子は20種類以上。どれも試してみたくなるものばかり。

 

今回は東京で6店ある年中無休&24時間営業の中華料理屋さんをお伝えします。

 

 

 

 

中国茶房8  Chinese café 8は、比較的お手頃価格でパリパリの北京ダックが名物の北京ダック専門店ですが、
100種類以上の本場そのままの味でつくられる中華料理がいただけます。

 

どこも24時間365日営業の理由は、夜勤上がりや海外時刻に合わせて仕事をしている人…いろんな時間軸で過ごしている人にも食べてほしいという思いが込められています。

 

新宿、港区には六本木や麻布十番・赤坂、渋谷区に青山と恵比寿とキラキラ高級なイメージがある都心ばかり。
大阪には心斎橋となんばにあります。

 

 

餃子

まるで中国に来たような、駅近ビル6階にある新宿店

 

新宿店は、東京メトロ丸ノ内線・副都心線の新宿三丁目駅B2出口を出て、右を見上げると看板が見えるという立地の良さ。

 

1Fにピーチ・ジョンがある高山ランド会館というビルで、エレベーターで6階へ行きましょう。

 

エレベーターから降りると、そこはまるで中国に来たかのような賑やかさに包まれています。

 

110席あるので広々としているかと思いきや、比較的後ろの席とイスがぶつかってしまいそうになるほどギューっと近くて、おまけにお食事時は満席になることもしばしば。

 

日本人よりも圧倒的な中国人のお客さんが多いこともあり中国語が飛び交い、円卓で向かい合わせに相席するスタイル。

 

 

餃子

150円から食べられる、23種類の水餃子

中国の主流は水餃子ということで、水餃子のメニューが20種類以上と充実。

焼き餃子がないお店もあるので、どうしても中国茶房8で焼き餃子が食べたい場合は事前に調べて確認してくださいね。

 

どれも豚肉が入っていて、フカヒレやカニみそとアワビは300円超えますが、だいたい3個150円で注文できます。

 

餃子には珍しい3個価格なので、結構おなかは満たされてきた段階で、あともう少しだけ食べたい!けど一皿6個は多い。そんなときにも3個だと気軽に頼めるからGOOD。

 

注文後から手作りするので10〜15分ほど時間がかかります。気長に待ちましょう。

 

 

 

 

餃子

全部ひとつのお皿にのせちゃいます。それが中国茶房流

 

頼んだすべての種類の餃子がひとつのお皿にドーンと大胆に盛られて出てきました。まさに食べてからのお楽しみ状態。

 

店員さんにお願いすると、それぞれの餃子を分けて出してくれるみたいです。

 

どの食材も味がハッキリしている食材ばかりなので、どれがどの餃子かわからない!という状態にはならないと思います。

私も最初は不安でしたが、注文したシイタケ・にら・白菜漬け・パクチーは、口に運ぶとすぐにどの餃子かわかりました。

 

まるっともっちりしていて、食べやすい大きさです。

どの具材も控えめに入っているんだけれども、しっかり味が染み込んでいて甲乙つけがたい。中国茶房8でもあなたのお気に入りの水餃子を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

餃子

まとめ

 

東京6店と大阪2店で、これでもかというぐらい水餃子を頬張っておなかいっぱいになるしあわせ。

 

24時間営業ということで、店舗によってモーニングセットとして朝粥や焼き小籠包、揚げパンなどが食べられるのも中国茶房8ならでは。

 

料理は食べられない時は、ちょっとお茶だけでもOKみたいです(笑)

 

 

日本にであることをフッと忘れられるプチ中国気分を味わいながら、中華料理をおいしく食べるのも粋なものでしょう?

 

 

中国茶房8 新宿店

住所:東京都新宿区3-5-3高山ランド会館6F
電話:050-5869-6458
営業時間:24時間営業
定休日:なし

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。