肉汁ハンパない「銀座 天龍」の12cmジャンボ餃子を一度食べてほしい。

オシャレな銀座ちょっと高級なフレンチやイタリアンも良いけれど、たまには中華料理なんてどうでしょうか?

 

それも60年以上つづく老舗の中華レストラン「銀座 天龍 本店」は、ミシュランガイドにも掲載されたことがある、餃子が名物の知る人ぞ知る有名店。

 

今回は「銀座 天龍」の餃子のヒミツについて見ていきます。

 

 

 

餃子

銀座で60年以上つづく老舗の中華レストラン

 

昭和24年創業、60年以上銀座で愛され続けているカジュアルな中華レストラン「銀座 天龍(テンリュウ) 本店

 

東京メトロ有楽町線・銀座一丁目駅の5番出口を出て、すぐ右手にある“PUZZLE GINZA”。
エレベーターで4階へ行くと「銀座 天龍」に到着です。大きな餃子のモニュメントがお出迎え。

 

 

老舗なお店ですが2016年にリニューアルオープンされたので、内装からは歴史の長さは感じず、オシャレなレストランな雰囲気。

 

ワンフロアで101席あるとはいえ、連日行列ができることで有名。

というのも予約はコースのみ受け付けているので、アラカルト(メニューから好きな料理を選んで注文すること)の場合は、お食事時は30分以上待つことを覚悟しておきましょう。

 

ちなみに平日の15時頃に行くと、席に余裕があり全然待つことなく入店できました。

 

 

餃子

12cm級のジャンボ餃子が8個入り

 

8個1,100円

 

メニューの値段を見て、1,000円以上って高いなあ…と侮ることなかれ。

 

1個12cm!!コレぞ本当にバナナと同じサイズ、ここ銀座 天龍はジャンボ餃子が有名なお店なのです。

 

 

しかも注文後、5分経たずにテーブルに運ばれてくるという速さ。

 

 

ジャンボ餃子の特徴はお肉たっぷりジューシーなところ。豚モモ肉を使用しているため、きめ細かな肉の多さにビックリ。

 

例外なく天龍も一口かじると肉汁がぼたぼた落ちて、お皿が肉汁スープ化してしまうほど、すべて口のなかに肉汁を収めるのは至難の技。

 

肉汁をなるべく落とさないで食べるコツは、クルッと餃子をひっくり返して焼き目を下にすることです。

 

皮も水餃子と同じくらい分厚くてもっちりと柔らかくずっしりとしているので、食後から胃がたまります(笑)

 

 

餃子

餃子専用のジントニックサワー・おみやげ餃子も必見

銀座 天龍には、餃子専用のジントニックサワーがあります。

なかなか珍しいというか、天龍以外では出会ったことがない餃子とジントニックサワーという組み合わせ。

 

餃子の舌を楽しませる肉汁に、さっぱりしたジントニックが見事に調和しました。ジューシー感でいっぱいだった口のなかが爽快感に満ちます。新しい発見。

 

酢醤油をつけて食べたときの、味がキュッと引きしまる感覚とは違った口とのどをスッキリ感が心地いい。

 

おみやげ餃子も販売中

 

8個1,200円で焼き上がった“おみやげ餃子”も売っています。お店で食べなくても、お家の夕食のメインディッシュにいかがでしょうか。

 

購入するには、4階までエレベーターで上がってきてレジにて注文を。

 

餃子

まとめ

銀座で長年愛されているジャンボ餃子の迫力には本当にビックリします。想像以上。

 

女性ひとりで8個食べるのはかなりのボリュームなので、二人以上で行く場合はシェアがオススメ。
(一人で食べて、本当におなかがはち切れそうなほどパンパンになりました。笑)

 

ミシュランガイドには、餃子部門ではなく中華料理部門での掲載なので、他の料理ももちろんおいしいです。

 

「銀座 天龍」は、銀座以外に、池袋とスカイツリーソラマチ・名古屋でも食べることができます。

 

ぜひ、一度とってもジューシーなジャンボ餃子を味わってみてください。

 

銀座 天龍  本店

住所:東京都中央区銀座2-5-19 PUZZLE GINZA 4F
電話:03-3561-3543
営業時間:月〜金 11:00〜21:30
     土日祝 11:30〜21:30
定休日:無休

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。