エビまるごと餃子&口がシビれる級に辛い餃子は「ヤマタニ餃子」だけ

 

小田急小田原線ってユーザーじゃないと見たことも聞いたこともない駅名が多いような気がします。

 

世田谷区にあり、新宿から15分前後と程よい近さで、住みやすい雰囲気の下町。

 

この辺りでしか食べることができない餃子屋さんがあるんです。

 

 

 

新宿駅から各駅電車は17分・急行電車は11分乗ると、経堂(きょうどう)駅に到着です。

 

南口を出て、下町の商店街風に飲み屋が並んでいる農大通りと呼ばれる道をまっすぐ歩くこと5分。

 

ヤマタニ餃子店」へやってきました。

 

経堂店は階段を上がり2階にあり、カウンターとテーブル1卓合わせて15席。こじんまりしているから騒がしすぎずゆっくりと楽しむことができます。

 

ヤマタニ餃子は、小田急小田原線沿いの経堂・千歳船橋(ちとせふなばし)・祖師ヶ谷大蔵(そしがやおおくら)の隣どおしにある3駅の3店だけ。

https://www.odakyu.jp/rail/ より

 

 

餃子

エビがそのまま1尾入った餃子はマスト

まるごと海老餃子(ニンニク・ニラあり) 4個420円

 

まるごと海老餃子は、本当に名前のとおりエビが丸ごと1尾ドーンと入っています。

エビの尻尾が見えているキレイなキツネ色に焼かれた餃子を、一口頬張るとプリプリ食感のエビの甘みが口の中で広がります。

 

ニンニク・ニラはちょっとニオイが気になる…という方も安心してください。注文するときに“なし”と伝えればOKです。

 

パクチー水餃子より安いとは何事!?ガブッと豪快にいただきましょう。

 

肌寒い日には海老が丸ごと入った水餃子もオススメです。

 

 

 

餃子

辛党必見。口がシビれる本格的に辛い餃子あります。

麻辣餃子  5個450円

 

麻辣餃子は見た目からすでに赤色が見えていて、辛さが伝わってきます…滲み出ています…。

餃子を口に入れると最初は“お!?あんまり辛くないぞ!”と思った途端、油断は禁物でした。

噛むたびにジワジワと唐辛子と山椒の辛さが広がってきます。麻辣、おそるべし。

 

旨辛餃子   5個420円

 

旨辛水餃子は見た目のわりに口当たりちょっと辛いぐらいで、麻辣餃子に比べると食べやすく旨みもわかりますが、だんだんとスープの辛さがヒートアップしてきます。

最終的には口の中がビリビリ痺れるほど辛くなるので注意が必要です。

 

辛いものがニガテな人、注文はやめましょう。

標準の辛さを食べることができる私があまりの辛さにもだえてしまったので、きっとニガテな人には難しいです。

 

 

餃子

コスパ良し。種類多し。言うことなし。

 

まるごと海老餃子、麻辣餃子、旨辛餃子以外にも、惹かれる名前の餃子がたくさんあり全部で9種類。

 

チーズ餃子はまろやかになって辛さも幾分やわらぐような気がするし、

なかなか出会わない紅しょうが餃子は、ピリッとショウガが効いていてクセになるおいしさ。

 

 

どの餃子も370円〜と良心的な値段。

一番高級なものはパクチー水餃子の560円。え、まるごと海老が入っている餃子じゃないの!?と意外性にビックリしました。

 

気になった餃子は遠慮せず注文するのが吉。

 

 

クラフトビールも充実していて、おまけにお酒のおつまみは200円代からあり、種類もどれを頼むか迷ってしまうほど豊富。

 

個人的には、“ニラのおひたし(卵の黄身乗せ)”がシンプルなのに、ニラの独特の味と黄身の甘さが絶妙に絡みあって美味でした。お家でも試したくらいお気に入り。

 

 

餃子

まとめ

 

「ヤマタニ餃子」は新宿から乗り換えなし電車1本で行けちゃいます。

 

種類豊富なクラフトビールとともに、ヤマタニ餃子でしか食べられない餃子の数々。

お財布にもやさしい価格なので、おいしくたくさん飲んで食べるのはいかがでしょうか。

 

12:00〜21:00はテイクアウトもできるので、気になる方は 公式HP からチェックしてみてください。

 

 

 

ヤマタニ餃子店 経堂店

住所:東京都世田谷区経堂1-25-19 2F
電話:03-4291-0597
営業時間:15:00〜23:00
定休日:火曜日

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。