品川区「餃子とビール屋」はコスパ最強!1,000円でお腹いっぱい食べよう。

コスパがイイってこのこと!と誰もが納得してしまうようなお店に出会ってしまいました。

それも東京の品川区で餃子と一緒に最強のお供と呼ばれる“ビールを一緒に頼んでも500円以下という激安も激安。

餃子とビールが好きな人にはたまらない、「餃子とビール屋」についてご紹介します。

 

 

 

餃子

品川にあるフランクさ抜群の「餃子とビール屋」

ど直球でなんのお店か一目瞭然な「餃子とビール屋」。

東京都品川区にあるお店で、京浜東北線・大森駅から徒歩12分、京急本線・立会川駅(たちあいがわ)から徒歩7分。

マンションや住宅が多く、ぽつぽつとお店が並ぶ道路脇に突如見える緑色の灯りと目線に飛びこむ店名が書かれた大きなのれんが目印です。

コンセプトは“コンビニより安いお店”、目指すは“オトナな駄菓子屋“ということもあり、

カウンター10席・テーブル3席のあわせて20席ぐらいの小さな店内は、昔ながらの馴染みやすい庶民の味方のような雰囲気があります。

立ち飲みもOKで、居酒屋なのにもかかわらず、お通しやチャージ料を取らないというフランクさ。

 

餃子

ニンニクなしのジューシーな焼き餃子は15個480円

ニンニクを使わずニラをたくさん使っているお店の目玉である焼き餃子は、5個230円 / 10個360円 / 15個480円という、ビックリしちゃうぐらい破格なお値段。

ひとくちサイズかな?と思いきや、実際の焼き餃子を見てみるとやや小ぶりというぐらい。

お肉のジューシーさとニラの旨みがギュッと絡み合っているので、タレをつけずそのままでも充分おいしくいただけますが、酢&ラー油をつけても良し。

 

また味を変えるために別途おろしニンニク(10円)やゆずこしょう(20円)の注文もアリ。

餃子

かるく食べられる揚げ餃子も必見。水餃子は冬限定

揚げ餃子はカリカリの食感なので、スナック感覚で軽くパクッと食べられちゃいます(5個280円)。


揚げ餃子にはニンニクが入っていますが、ニオイはほとんどしない上に食後も気にならなかったです。

ちなみに冬季限定メニューとして水餃子があるので、冬に“餃子とビール屋”に行く楽しみが増えますね。

 

夏にはそうめんを食べるようにツルッと入っちゃう冷やしワンタンがあります。
あっさり味のワンタンにラー油をたっぷりつけて食べると、やみつきになっちゃうぐらいおいしさが抜群にアップ。

餃子

種類がたくさんあるどれも安いメニュー

おつまみは130円〜、ニラ玉や麻婆豆腐の中華料理に、鶏のから揚げ、ポテトサラダなどサイドメニューは20種類以上あります。
一番高価なメニューが480円というどれもお財布にやさしすぎるくらい破格なお値段です。

ご飯ものと麺類は日替わりということで、その日が何なのかスタッフさんに尋ねるのもお楽しみ。

 

餃子にかぎらず、どのメニューもテイクアウトもOK。ぜひ夕飯のおかず1品足したいときにも。


通常の中ジョッキサイズ生ビールは220円、ハイボールは180円、ソフトドリンクも100円代。“オトナの駄菓子屋”というコンセプトどおり、本当に安いです。

 

 

餃子

まとめ

餃子は15個食べても480円、生ビール1杯220円。

駅からお店まで少し歩いた分、グラスまでキンキンに冷えた生ビールが喉ごしよくグイッと飲む爽快さ。
特に溶けそうになってうなだれるような暑い夏には最高ですね。

京浜東北線・大森駅近くにある「餃子とワイン屋」は姉妹店。餃子とワインの組み合わせも絶妙で、おなじくコスパも抜群にイイのでぜひ。

餃子以外のメニューも豊富でどれも安いておいしい。会話が弾んでたくさん食べて飲んで楽しいひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

 

餃子とビール屋

住所:東京都品川区南大井4-14-1
電話:090-4439-7702
営業時間:月〜金:17:00〜23:00
     土日祝:16:00〜23:00
定休日:月 / 第1・3火曜日

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。