「餃子の福包」は1,000円で満腹に。新宿で安くおいしく食べるならココ!

なんでもそろってしまう立ち並ぶショッピングビル、歌舞伎町を代表とするネオンがキラキラ輝くにぎやかな繁華街、高級ホテルやバーなど高いオフィス街…新宿はいろんな顔をもち、とにかく多くの人が集まる街。

 

そんな数々のレストランや居酒屋がある新宿で“おいしい餃子はどこ?”と聞かれると圧倒的に、
餃子の福包」と答えることが多いです。

 

 

餃子

夜中でも入れる!行列ができる人気店

 

「餃子の福包」は新宿といっても、新宿御苑の近くにあるので新宿駅からは東口側から少し歩きます。

 

東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑駅 1番出口より徒歩1分、あるいは新宿三丁目駅から新宿通りをまっすぐ東側へ歩いていくと10分もかからずに着きました。

 

新宿店以外には、中目黒、渋谷区の代々木八幡、世田谷区の駒沢、江東区の豊洲にあります。

 

 

平日でもしばしば行列ができるとなれば、日曜日のランチどきはさぞ混んでいるだろうと予想して、少し遅くして13時ごろに行きました。するとカウンター席がいくつか空いていて、すぐ席に着くことができました。

 

新宿店では、月曜日から土曜日まで夜中を通り越して朝の4:30まで営業中。さすが眠らない街・新宿。

 

 

餃子

安いだけじゃない!ニオイが気になる方に朗報!選べる餃子

餃子の福包のいちばんの魅力といっても過言じゃありません、とにかく安いんです。

 

餃子専門店なので焼き餃子・水餃子を中心に、ザーサイや肉ミソもやし、ナムルなどおつまみは120円〜、ごはん・スープ、デザートもあるので飽きずに楽しめます。

一人前6個 290円というおサイフにやさしい値段。

 

焼き餃子と水餃子ともに、ニラ&ニンニクあり / ニラ&ニンニクなしを選ぶことができるので、
シチュエーションに合わせて食べられるのもうれしいですね。

 

 

 

 

餃子

あっさり軽くて食べやすい、何個でも食べられる焼き餃子

 焼き餃子を作っている姿がカウンター席から見えるので、油がフライパンに入った時のジュゥッという焼く準備段階からお皿に盛られるまでの進行状況を把握しながら待つことができます。

 

10分後にニラ&ニンニク入りを注文した餃子が運ばれてきました。

 

ノーマルサイズのこんがり良いキツネ色。

 

ニラやニンニクがガッツリ効いているではなくて、口のなかでほどよく感じられるあっさりした味付けで食べやすいです。

餡がギューギューに詰まっておらず、空気も一緒にゆったりと包まれているので、ひとつあたりも軽いです。

 

テーブル上にある酢・しょうゆ・ラー油などの定番のタレで食べて
大根おろし・ネギみそ、巻いて食べるタイプのシソ、ゆずコショウの4種類ある中からお好みの餃子トッピングを追加オーダーしてもよし。

 

 

餃子

ツルンと食べられる水餃子、3人以上ならオトク大皿餃子もオススメ

茹でタイプの水餃子は、焼き餃子と同じ皮と餡ですが、よりしっとりと柔らかくなっておりツルンっと喉に通ります。

噛むたびにじんわりとお肉の旨みがにじみ出てくるので、ラー油との相性は抜群です。

 

 

3人以上で行くなら断然にオトクな大皿焼き餃子もチェック。

20個 870円(約100円オトク!)、30個 1,300円(150円オトク!)、40個 1,740円(約200円オトク!)なので、たくさん食べたい時や大勢で行った場合は、案外ペロッと食べられちゃうので迷わず注文を。

 

 

餃子

まとめ

新宿にあるオススメの餃子専門店「餃子の福包」をお伝えしました。

 

ランチから夜遅くまでいつでも安くておいしい餃子が食べられます。

 

行列ができる人気店ですが、残念ながら予約システムはありませんので、満席じゃないことを祈りましょう。時間の調整できるときは、お食事の時間を少し避けると並ばずスムーズに入れると思います。

 

餃子の福包は300円で中ジョッキより少し小さな生ビールミニがあるのも個人的に好き。
二次会で行ったときや、ガッツリ飲みたい気分じゃないけれど、ちょっとだけビールが飲みたい時についつい頼んじゃいます(笑)

 

 

 

餃子の福包  新宿店

住所:東京都新宿区新宿2-8-6 KDX新宿286ビル 1F
電話:03-5367-1582
営業時間:月~土 11:30~15:30 / 17:00〜翌4:30
     日・祝 11:30~23:00
定休日:なし

公式HP


 

おすすめ