秋葉原の「和合餃子」は羽根つき餃子と水餃子が30種類以上!

 

東京都千代田区の秋葉原に、私イチオシの羽根つき餃子屋さんがあるんです。

強烈なおいしさに感動して2日連続で通い、友人を誘っては行き、
半年で10回行ったぐらいハマってしまった本当に大好きなお店をご紹介します。

 

 

 

お店の名前は「和合餃子(わごう)」といいまして、1号店は最寄りの都営新宿線 岩本町駅から徒歩2分、秋葉原駅からでも10分以内で行けます。

入り口は階段上がって2階です。

2号店は少し離れて江東区の門前仲町にありますが、3号店は1号店と同じく秋葉原駅の近くにあるので、しばしば満席で入れない場合に行けちゃうのでうれしいですね。

友人は1号店で待ち合わせをしていたのに3号店へ到着したと連絡がありました(笑)初めて行く際には1号店と3号店を間違えないようにご注意を。

メインは餃子ですが、刀削麺やチャーハン、炒め物など中華料理はひと通り揃っています。

 

 

餃子

すべて羽根つき餃子!定番から変わり種まで30種類以上

 

和合餃子はすべて羽根つき餃子となっており、焼き餃子・水餃子それぞれ15種類以上のメニューがいっぱいに書かれているので、まさに餃子選び放題の餃子パラダイス。

 

ノーマルな“和合餃子”だけニンニクが入っていて、他の餃子は食材の味を生かすためにニンニクなしで肉・野菜・海鮮が主役となっています。

和合餃子

1人前 4個360円

ニンニクや大葉(シソ)、エビなどの定番の焼き餃子もありますが、和合餃子はトマト・青トウガラシ・セロリなどの餃子には珍しい野菜やカニ・カキ・フカヒレなど高級海鮮まで幅広い食材を使っているのもポイントです。

 

餃子

シイタケ焼き餃子が最高にウマい

これまで数々の餃子屋さんで食べたなかでも1・2を争うぐらい超ハマった餃子が、「シイタケ焼き餃子」。

見た目は和合餃子と同じですね(笑)

餃子を口に入れるとまずシイタケの香りがふわっとただよい、肉汁の中からブワッとシイタケの旨みが溢れ出てくるんです。

そして噛むたびにギュギュッ閉じ込められたシイタケが肉汁とともに広がって、まるで洪水のよう。

シイタケには食物繊維が豊富で、血液サラサラ効果で生活習慣予防、免疫力アップなどカラダにうれしいこといっぱい。

シイタケっておいしいんだ!と納得するほど、餃子だけでカンペキに仕上がっているのでタレをつける必要がまったくありません。

ちなみに普段シイタケが苦手な友人が “おいしい!”と言った餃子です。

騙されたと思って、一度何もつけずにそのまま食べてみてください。

餃子

ラムパクチー焼き餃子と石鍋麻辣水餃子もイチオシ

女性人気の高いパクチーが存分に入ったパクチー餃子もありますが、
ラムも一緒に入った餃子に初めて出会ったので「ラムパクチー焼き餃子」を注文してみました。

最初に独特なパクチーのフレッシュな香りがブワッと広がり。後からラムがやさしく包み込むような感じです。

牛肉にも豚肉にもないラム肉独自のジューシーさがあるにも関わらず、匂いは全然気にならないしクドくなくてビックリ。

水餃子のオススメは、「石鍋麻辣水餃子」です。

 

石で作られた器に入った餃子がグツグツという音とともにテーブルに置かれます。

ピリピリとしたトウガラシと舌がシビれる花椒がたくさん入っている麻辣スープがピカイチ!水餃子がスープと馴染むことで辛さのなかに旨さがじんわりと広がってトリコに。

アツアツのうちに食べると格別だったので、ヤケドに気をつけながらグツグツと音を立てている間に食べてみてください。

 

餃子

まとめ

私自身があまりのおいしさに衝撃を受けて、2日連続で通ったこともある「和合餃子」についてお伝えしました。

ランチには定食もありますし、テイクアウトもできます。

羽根つき餃子と水餃子合わせて30種類以上あるので、定番だけではなく、あまり出会わない変わり種のなかから気になるものをぜひ食べてみてください。

 

元祖中華 和合餃子

住所:東京都千代田区岩本町3-1-10 カネヒロビル2F
電話:050-5457-0917
営業時間:11:00〜14:30 / 17:00〜23:00
定休日:なし

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。