「ぎょうざの丸岡」は1ヶ月待ちの超人気お取り寄せ!ニンニク餃子唸ります

 

 

“宮崎市”は、日本餃子消費ランキング2020年上半期の第1位になりました。

つまり、餃子に使う金額・餃子の購入頻度が、全国的に餃子の町として知られる宇都宮市と浜松市を抜いたという、餃子にアツい市なんです。

宮崎県の餃子といえば、TBSの人気番組「マツコの知らない世界」で紹介されたことで話題になった「餃子の馬渡(まわたり)」がありますが、

今回は宮崎県民が口をそろえて教えてくれる「ぎょうざの丸岡」をお伝えします。

なんと「ぎょうざの丸岡」は1ヶ月待ちが当たり前という超人気お取り寄せ餃子なのです。

 

 

 

餃子

お肉屋から始まった餃子屋さん

1946年(昭和21年)に「丸岡食肉店」が、宮崎県南部にある県で2番目に多い“都城市(みやこのじょう)”で生まれました。

 

創業から20年ほど経ったある日、お惣菜を見て“お店のお肉を使って餃子を作ろう”と思い立ち、見よう見まねで作ったところ近所でおいしい!と評判に。

クロネコヤマトのクール宅急便が全国ではじまった1989年(平成元年)、地方発送を始めると日本全国から注文が殺到し、お肉屋さんの片手間では追いつかず餃子専門店となったのでした。

成り立ちについてもっと知りたい方は公式ホームページからどうぞ。

 

餃子

消費期限は4日!焼き餃子以外にもOK

 

ぎょうざの丸岡はテイクアウト専門店ですが、唯一“おいしい処まるおか 牟田町店(むたちょう)”でだけ店内でも食べることができます。

 

妥協を許さない食材は、豚肉・キャベツ・ニンニク・ネギは契約農家から直接仕入れており、すべて国産。
 
お取り寄せ餃子としては珍しい冷凍NGの要冷蔵の生餃子で発送するというこだわりで、消費期限は発送日となる製造日をふくめて4日間

店舗でテイクアウトする場合は10個から注文できますが、お取り寄せは40個か50個のみ。

 

焼き餃子だけではなく、餃子にたっぷりついた粉(コーンスターチ)を落として水餃子や餃子鍋、揚げ餃子にもOK。

お店オリジナルの水餃子用のスープと、冬限定で鍋用のスープも売っているので合わせて買って食べる人も多いのだとか。

 

餃子

ニンニクの存在感に圧倒される餃子。ショウガ餃子とのギャップ

ぎょうざの丸岡には、定番である“手づくり餃子”と、“しょうが餃子”の2種類があります。

定番の餃子は、パリッパリの皮をひと口かじれば、シャキシャキ感が残るキャベツとネギの甘みと、ジューシーなお肉の旨み、そして香り高いニンニクの風味がガツンとくる“THE王道の焼き餃子“です。

餃子といえばコレだ!と納得するニンニクの効いた餃子となっており、クセになって止まりません。

ニンニクを一切使わず国産のショウガを入れた“しょうが餃子”は、キャベツの甘みがより引き立ったあっさりした味。

定番の餃子とのギャップにビックリするほどのさっぱり感なので、ひとつひとつとても軽くて、あっという間に食べちゃいました。

 

 

 

餃子

オリジナルの酢じょうゆ&日向夏のタレも必見

オリジナルの餃子のタレは、しょうゆのやさしい甘みとお酢の酸味がキュッと餃子の味を引き締めるだけではなく、フワッとゴマ油のコクがプラスされます。

ニンニクが強い餃子と酢じょうゆの絶妙なバランスと、ゴマ油が少し加わったタレは極上のコラボレーション。

 

薄味のさわやかさを特徴とした柑橘類である、宮崎県の名産 “日向夏(ひゅうがなつ)”を使用した日向夏のタレとの相性バツグンです。

ピリッと辛い味が好きな方には、ミソや柚子コショウのタレも最近発売されたので要チェック。

 

餃子

まとめ

数々のテレビ番組で取り上げられ、発送まで1ヶ月待ちが当たり前の超人気お取り寄せ餃子「ぎょうざの丸岡」をお伝えしました。

多いときは1日に何万個も作るという手づくりできたての生餃子は、消費期限が製造からたったの4日と短いですが、こだわっているからこそ味はホンモノ。

さらに美味しさが増すオリジナルの餃子のタレ合わせて注文してくださいね。

1ヶ月待って絶対に損はしません。これが正真正銘、ニンニク入りの王道の焼き餃子、ぜひ一度味わってみてください。

 

ぎょうざの丸岡

住所:宮崎県都城市志比田町7314
電話:0120-229-582 (電話での注文・お問い合わせ)
公式ホームページ

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。