「昇龍」のジャンボ餃子はコスパ最強!上野アメ横でおなかいっぱい食べよう

 

 

アメヤ横丁は、御徒町(おかちまち)駅 と上野駅間の高架下500mを中心に、400近くのお店が集まり、通称“アメ横”と呼ばれている商店街。

小籠包やメンチカツなどの食べ歩きや激安ショップが多いですが、真っ昼間から飲んべえが集まるお店もたくさんあるんです。

今回は知る人ぞ知る大きな餃子が有名な「昇龍(しょうりゅう)」をお伝えします。

 

 

 

餃子

老舗の「昇龍」はアクセス良し・コスパ良し

アメ横は最寄り駅から徒歩5分以内で行くことができる立地の良い場所にあります。

最寄り駅は、上野と御徒町(おかちまち)の全部で5つ。

  • 京成本線        京成上野駅  2分
  • JR山手線・京浜東北線 御徒町駅   4分
  • 都営地下鉄大江戸線   上野御徒町駅 4分
  • 東京メトロ銀座線    上野広小路駅  5分
  • 東京メトロ日比谷線   仲御徒町駅   5分

 

上野の居酒屋名店の1つは「もつ焼き 大統領」です。

お昼から飲めて、名物の大統領特製煮込み 420円、もつ焼き盛り合わせ5本450とコスパもバツグン!

その隣にあるのは1957年創業から50年以上経って、改築に伴いリニューアルオープンした「昇龍(しょうりゅう)」。


目印の青い看板下にあるドアから入ると、1階はカウンター4席、2階に上がるとカウンター14席と四人テーブルが2つという広さ。

昇龍名物の餃子・春巻きだけではなく、メンマやザーサイなどお酒のおつまみ10種類ぐらい、ラーメン650円など麺19種類、炒めもの、ご飯10種類近くあり、老舗の町中華屋です。

 

餃子

1個10cm以上のジャンボ餃子を堪能

ジャンボ餃子とわかっていても、想像より大きく見える餃子だと思います。

 

4個 500円

分厚いもっちりした皮にお肉と野菜がギッシリ入った餃子は、1個あたり10cm以上と大きい。

野菜の甘さの方が強く感じられるので、見た目のボリュームよりも案外食べやすいですよ。

しょうゆ・ラー油・お酢・豆板醤がテーブル上にあるので少しずつブレンドして食べるのもオススメ。

 

ちなみに私は初めて行った時、とてもおなかが空いていたので、女ひとりで2人前注文していました(笑)
(お店の場所以外は、事前に情報を確認していませんでした。)

できあがった餃子を見て、あまりの大きさに声を失うほどビックリしました…!大きさは行く前に確認しようと決めました。

「厳しいと思ったけど、よくやった!」と店主さんに褒めていただきました(笑)

 

餃子

春巻&チャーハンも絶品と評判!

餃子と同じくらい人気メニューの1つが春巻です。

3本 570円

 

できたてはアッツアツなのでヤケドに注意して食べましょう。パリッパリの皮をかじると、中には豚肉とシイタケ、春雨、タケノコとシンプルな食材がギッシリ入っています。

甘さが引き立っているのでカラシをたっぷりつけて味わうのが昇龍式。ビールにもピッタリ。

 

五目チャーハンはスープ付き。

1人前 800円

 

エビ、グリーンピース、玉子、ハム・ネギ入りと色とりどりの見た目からすでに食欲をそそられます。

ボリューム満点ですが、塩コショウベースのあっさりした味付けなので食べやすく、ピリッと効いたショウガのスープも相まってあっという間に完食できちゃいます。

 

餃子

まとめ

東京・上野にあるアメ横ガード下には、お昼からお酒に合う料理を食べられるお店がいっぱいあります。

50年以上愛されつづけている「昇龍(しょうりゅう)」も、昼からおなかいっぱいコスパよく中華料理が食べられる老舗の町中華。

ボリューミーだけど、あっさりした味付けの10cmを超えるジャンボ餃子とビールを1杯。

休日のお昼からアメ横でビール飲みながらおなかいっぱい中華料理を食べるっていうのもステキですね。

 

昇龍(しょうりゅう)

住所:東京都台東区上野6丁目10-14
電話:03-3831-0883
営業時間:火〜土 11:30〜21:30
     日・祝 11:30〜20:00
定休日:毎週月曜日・第2火曜日

おすすめ