ありそうでなかったコンビニの羽根つき餃子。ローソンで発売!

 

 

 

 

 

コンビニの餃子は電子レンジで温めるお手軽な冷凍餃子や惣菜餃子ばかりですが、今回LAWSONにてフライパン専用の羽根つき餃子が発売されました。

 

焼き餃子と考えればあたりまえだけれども、コンビニ餃子業界においては、これまでフライパンで焼くという調理法はなかったんです(多分)。

 

今回はそんなコンビニ餃子では画期的な、ローソンの羽根つき餃子を実食して徹底レポートします。

 

 

 

餃子

コンビニで羽根つき餃子が実現!

2020年11月に、ローソンで羽根つき餃子が新発売しました。

ローソンオリジナル冷凍食品
羽根つき餃子
Pan-fried Dumpling1袋24個入り 359円(税込)

株式会社ローソンと味の素冷凍食品株式会社が共同開発した商品で、冷凍食品コーナーに置いてあります。

たっぷり24個入りなので一人暮らしの場合は何回かに分けて食べられるし、少人数でお家餃子パーティーをする時にもピッタリです。これで300円台は絶対におトク!

 

1袋あたり
エネルギー 677kcal
たんぱく質 21g
脂質 31g
炭水化物 82.6g (糖質 74.4g・食物繊維 8.2g)
食塩相当量 3.6g

 

 

餃子

油なし・水なしでカンタンに羽根ができます

スーパーマーケットで売られているAjinomoto(以下、味の素)の冷凍餃子と同じ、ひとつひとつの底面に羽根の素がついているカタチでした。

ですが、味の素の冷凍餃子はトレーにひとつずつ入っていますが、ローソンの羽根つき餃子はバラバラに袋詰めされているタイプ。

電子レンジは使用不可なのでフライパン調理ですが、 “油なし・水なし”で手間なくカンタンに作ることができます。

火をつける前にフライパンに凍ったままの餃子を並べて、水を入れずにフタをして中火で5分。じっくりと水気を飛ばしたら完成。

 

見えづらいですが羽根はつきましたが、また焼きすぎました…(笑)

 

見た目は味の素の冷凍餃子を焼いた時とビックリするぐらい同じですね。

 

餃子

パリパリ皮と餡のバランスの良さが最高

フライパンで作るメリットは、なんといっても餃子の醍醐味ともいえるパリッパリの皮!ですよね。電子レンジで温めると、しっとりとしてしまい、こうパリパリにはなりません。

 

ローソンの冷凍餃子や惣菜の餃子は、大きめに切られたキャベツのシャキシャキ感、タマネギの甘さ、カロリー控えめのヘルシーなあっさりした味が特徴的なので、小腹がすいたときや一品足りないときにピッタリ。

 

野菜のシャキッとした食感と甘みが引き立つローソンの冷凍餃子と、味の素の冷凍餃子のジューシー感のイイトコ取りしているような感覚を覚えました。

味の素の冷凍餃子を食べたことがない人は、王道の美味しさをぜひ買ってみてくださいね。

 

羽根つき餃子は肉のジューシー感と、キャベツとタマネギの甘さのバランスがちょうど良く、食べやすさと食べごたえの両方あります

 

餃子

まとめ

 

今回は2020年11月に発売されたLAWSONの羽根つき餃子をお伝えしました。

 

私は正直な感想を書くと、ローソンで売られている餃子の中ではダントツで羽根つき餃子がお気に入り。

 

フライパンで焼く1工程があるからこそ生まれる皮のパリパリ感はもちろんですが、冷凍餃子や惣菜餃子にはない肉のジューシさを感じられるところが、個人的にポイント高いですね。

ちなみにローソンの冷凍餃子と惣菜の餃子の情報もまとめておきます。餃子を食べたいけどヘルシーさを求めている場合はオススメです。

 

ローソン【惣菜】
皮がなめらか 焼餃子 

6個入り 267円 (税込)
500W 1分10秒 / 1500W 25秒


エネルギー 273kcal

たんぱく質 11.2g
脂質 11.9g
炭水化物 30.3g
(糖質 28.0g・食物繊維 2.3g)
食塩相当量 2.4g
ローソン
羽根つき餃子

1袋24個入り 359円(税込)
8個あたり


エネルギー 225kcal

たんぱく質 7g
脂質 10.3g
炭水化物 27.5g
(糖質 24.8g・食物繊維 2.7g)

食塩相当量 1.2g
ローソン【冷凍】
焼餃子 Grilled Dumpling

5個入り 149円 (1袋 95g)
500W 1分40秒  /  1500W 50秒


エネルギー 190kcal
たんぱく質 7.2g
脂質 9.8g
炭水化物 19.7g
(糖質 16.8g・食物繊維 2.9g)
食塩相当量 0.90g

 

ぜひ気になった人は、お近くのLAWSONへ行って買ってみてください。

 

 

おすすめ