インドのおやつ・サモサは餃子似?この美味しさ神!

 

 

 

 

東南アジアやヨーロッパーで餃子を食べたよっていうと、ほぼ100%の確率で「餃子って日本と中国以外にもあるの?」と聞かれます。

 

餃子という食べものは、簡単にいえば小麦粉をこねた皮に、具材を包んで調理したもの。

日本の焼き餃子や水餃子と、見た目や名前はちがっても、皮で具材を包んだ餃子に近い料理が、さまざまな国にあるんですよ。

いろんな国の餃子については、近日別の記事にまとめますのでお楽しみに(笑)

 

今回は、コリアンタウンの新大久保で、買い物中に偶然見つけた、インドの餃子!?“サモサ”についてお伝えします。

 

 

餃子

新大久保のイスラム横丁にあるスパイス専門店

東京の新大久保といえば、お店の看板が70%ぐらいハングルなど、一歩踏み入れるだけで、韓国旅行の気分が味わえる、コリアンタウンのイメージが強いですよね。

ですが、実はJR新大久保駅正面のマツモトキヨシで、路地に入ると、韓国とはちがった異国情緒ただよう、“イスラム横丁”があることをご存知ですか?

スパイスやインド料理が好きな人には、比較的有名なスポットで、タイ・ベトナム・ネパール料理が食べられるお店も。

新宿八百屋のとなりにあるのが、スパイス専門店「THE JANNAT HALAL FOOD(ザ・ジャンナット・ハラル・ショップ)」。

 

カレーにつかうスパイスはもちろん、肉や惣菜系・ナッツ・米類など品揃えがよく、家庭用と業務用の両方ともに売っている点もうれしい。しかも、え!?この値段でいいの!?と思うくらい安い!

初めてやってきたお店で、さまざまなスパイスの香りが入り混じった外国へ来たような、雰囲気を味わいながら、餃子センサーが反応する、こんなものを発見しました。

 

餃子

インドの餃子!?サモサのスナックが美味

いろんな匂いに包まれた、正にスパイス天国状態の店内で、このサモサが、ふと私の視界に入ってきました。

mini samosa
1袋 150円

 

インドでは有名なスナック菓子の会社、“Haldiram’s (ハルディラム)”が作った商品(日本でいう明治やカルビーぐらいの有名なポジション)で、コーヒーと輸入食品を幅広く扱うカルディにも、一時期売られていました。

 

大容量の冷凍サモサも見つけましたが、サモサ未経験の私は、まず調理せずに手軽に食べられる、このサモサスナックを購入。(日本の餃子だったら絶対にしないパターン。よくよく考えると、挑戦でした。笑)

 

見た目は軽そうですが、ラスクのようなカリカリ感と、1個20g分ギッシリと詰まっている中身のギャップが半端ありません。

 

 

メインは緑豆やひよこ豆・ポテトフレーク、カシューナッツやレーズンが少し入っているので、食感も楽しめます。

食べ進めていくうちにクミン・レッドチリパウダー・ドライマンゴーパウダー・コリアンダー・ブラックペッパーなど、辛さとほんのり甘さが混じったスパイスの融合が、口の中を襲います。

でもこの不思議なスパイスのコラボレーションが、妙にハマってクセになる味なんですよ。

 

 

一袋で満足できるほど食べごたえがあるから、スナックというよりも、ちょっと小さなパンを食べているような感覚で、軽食にピッタリ。

 

餃子

インドのおやつ“サモサ”ってなに?

サモサスナックをお伝えしたのはいいものの、そもそも“サモサ(samosa)”という料理とは、なんでしょう?どこかで一度は聞いたことがあるけど、何かはよくわからない人もいるのではないでしょうか。

サモサ(samosa)
インド料理。スパイスで調味して炒めた野菜・肉を、小麦粉を練って薄く伸ばした皮で三角形に包んで油で揚げたもの。
*広辞苑 第六版より

 

ひとことで表すと、パイに似た三角形の揚げ餃子ですね。

本場インドでは、ディナーのメインディッシュではなく、小腹が空いたときにつまむ軽食として、親しまれているスナックで、現地では屋台でも売られているんだそう。

代表的な具材は、ジャガイモ・タマネギ・エンドウ豆・レンズ豆・羊のひき肉に、クミン・コリアンダーシード・ターメリックなどのさまざまなスパイスを混ぜ合わせたもの。

三角形・三角すいの包み方は、まず円形にのばした生地を縦に1/2カットして、円すいになるようクルッと丸めてから具材をつめた後、端をキュキュッと閉じます。

サクッと揚げたサモサに、ミントのチャツネ(ケチャップと見た目が似たソース)やホットソースに付ける、あるいはスープに入れて食べるというスタイルです。

 

次はスナックではなくて、冷凍のサモサにチャレンジするか、レシピを参考にしながら作りましょうか。

 

餃子

まとめ

今回は、日本にいながら食べられる外国の餃子〜インドのサモサ編〜をお伝えしました。

東京・新大久保にあるイスラム横丁で、異国情緒を味わうのも良し、スパイス専門店ザ・ジャンナット・ハラル・ショップで、本格的な香辛料を安く買って、スパイスを使ったおうちごはんを楽しむのも、良いですね。

 

インドの餃子とも呼ばれるサモサが、冷凍食品やスナックとなって、そのまま現地の味となっているので、これまでになかった新しい食感と味は、クセになること間違いなし!

私自身、一袋では全然足りませんでした(笑) サモサを口にしたことがない人は、一度食べてみる価値ありですよ。

 

THE JANNAT HALAL FOOD(ザ・ジャンナット・ハラル・ショップ)

住所:東京都新宿区百人町2-9-15
電話:03-3366-6680
営業時間:12:00〜24:00
定休日:なし
公式ホームページ

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。