餃子の皮で簡単おいしい!アップルパイのレシピ

 

 

 

餃子をつくったときに皮が余った経験がある人は多いと思いますが、その余った餃子の皮で作る料理は何ですか?

チーズやソーセージをはさんで焼く?

ピザ・ラザニアなどのちょっと手の凝ったアレンジ料理?

スープや鍋に入れてワンタン風?

どれもいいけれど、デザートやおやつと餃子の皮の相性が良くてアップルパイを作ることもできるんですよ。

今回は餃子の皮でつくるアップルパイについてお伝えします。

 

 

***

アップルパイに餃子の皮が使えるワケ

わざわざ言わなくてもわかると思いますが、アップルパイとは砂糖で甘く煮たリンゴを包んだパイです。

通常アップルパイをつくるときに登場するパイシートの代わりに、餃子の皮を使うわけですが味には影響しないのかな〜と思ったので比べてみました。

パイシートの原材料は小麦粉とバター・食塩を基本として、加えてマーガリン・グラニュー糖・卵・乳化剤・ショートニングのいずれかが入っている商品があります。

一方で餃子の皮の原材料は小麦粉と食塩を基本として、加えて植物性油脂や水あめ・打ち粉が入っている商品が多いです。

つまり原材料の基本を見ると、パイシートと餃子の皮の違いはバターが入っているかどうかだけなので、餃子の皮で代用するとバターの風味がない分ちょっとあっさりした味わいになると考えればOK。

ちなみに調べてみたところ、餃子の皮1袋25枚とパイシート1枚およそ100gが、だいたい400Kcal前後と同じカロリーだとわかりました。

パイシートは1袋500円前後に対して餃子の皮は100〜200円なので、コストパフォーマンスも良くて節約もできちゃうのも魅力的。

 

***

餃子の皮アップルパイのレシピ

餃子の皮で作るアップルパイの場合、餃子の皮の大きさから想像できるとおりホールサイズではなくひとくちサイズになりますので、あらかじめご了承くださいね。

***

TVで話題!フライパンで簡単にアップルパイ

簡単においしくできると評判!自称・てぬき料理研究家“てぬキッチン”さんによる、餃子の皮アップルパイレシピは、平日昼の人気情報バラエティ番組“ヒルナンデス!”で紹介されて話題になりました。

 

魔法のてぬきおやつの『餃子の皮でとろ〜りアップルパイ』

12秒〜1分55秒

よくよく考えると王道のアップルパイではなく、餃子の皮で作るアップルパイがテレビで紹介されるってスゴいことですよね。

材料5つとフライパン・電子レンジがあれば誰でも簡単にできちゃうアップルパイ。

実は自分はアップルパイがかなり好きなので、餃子の皮が余ってリンゴが安く売っていたら高確率で作っています(笑)

<材料>
リンゴ1個
砂糖25g
バター10g
餃子の皮 15枚
油 適量
<レシピ手順>
1. リンゴを小さく切る。
2. リンゴと砂糖・バターを耐熱器に入れて、電子レンジで600W4分加熱する。
3. 混ぜて再度600W4分加熱
4. 粗熱がとれるまで放置

5. 餃子の皮に具材をのせたら、まわりを水でぬらして挟むようにして包んでいく。
  *まわりにフォークで跡をつけると、一気にパイらしくなります。
6. フライパンに3mmの油をひいて熱した後、両面を揚げ焼きにすれば完成。




***

カスタード入りのアップルパイ

いろんな料理を紹介しているDELISH KITCHEN-デリッシュキッチン-さんの餃子の皮を使ったアップルパイレシピ。

餃子の皮の簡単アレンジ♪ヘルシーなリンゴパイ風

オシャレな音楽ともにレシピを文字で紹介しているイメージが強いですが、5年以上前に公開されたものは女性が話しながら説明していて、なんだか新鮮ですね。

リンゴにプラスしてカスタードが入っているとちょっとハッピーでリッチな気分になるので、リンゴの粗熱をとっている時間にパパッと作っちゃいましょう。自分もカスタード入りを作ってみます。

<材料>
餃子の皮 15枚程度
●リンゴフィリング
 リンゴ1個 / 砂糖15g / シナモン適量
●カスタード
 小麦粉15g / 砂糖50g / 牛乳200cc / 卵1個 / バニラエッセンス 適量
<レシピ手順>
1. リンゴを5mm角程度に切る。
2. リンゴと砂糖・シナモンを耐熱器に入れて、電子レンジで4〜5分加熱する。
3. 粗熱がとれるまで放置している間にカスタードを作ります。

4. 小麦粉・砂糖を混ぜる→牛乳を入れて混ぜる→卵を入れて混ぜる→バニラエッセンスを入れて混ぜる

5.ラップをして電子レンジで2分半加熱
6. 混ぜて再度2分半加熱
7.なめらかになるまで混ぜる8.餃子の皮にリンゴとカスタードをのせたら、まわりを水でぬらして挟むようにして包んでいく。
  *パイらしく見せるためにまわりにフォークで跡をつけてもOK
9. 250℃のオーブンかトースターで10分焼いて完成。

 

***

まとめ

今日は餃子の皮でアレンジ料理!デザートおやつ編「アップルパイ」についてお伝えしました。

餃子の皮が余ったらリンゴを買ってきて、パパッと簡単においしくできるアップルパイを作ってみるのもオススメです。

ぜひ甘いものを食べたいデザートな気分の日にどうぞ。

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。