SNSで話題のキムチ餃子鍋がセブンイレブンで新発売!

 

 

 

セブンイレブンの惣菜ってどれもクオリティーが高くて美味しいですよね。焼き餃子は定期的にバージョンアップされているので、その度に買って食べてしまいます。

2021年SNSで話題になったので作って食べた人も多いかもしれません「キムチ鍋 水餃子入り」が今回惣菜として新発売。

これは夏バテしそうなこれからの季節にもってこい!美味しそう!と思いセブンイレブンへ行きましたが、意外な結果に!?それではレポートしていきます。

 

***

セブンイレブンで水餃子入りのキムチ鍋が新発売!

2021年7月15日(木)にセブンイレブンから新たな餃子の惣菜・その名前も「キムチ鍋 水餃子入り」が発売されました。

商品名からもわかるとおり主役はキムチで、そこに水餃子を合わせてボリュームのあるお鍋となっています。1/2日分の野菜がとれるのもうれしいですね。

468円(税込505円)

500Wの電子レンジで4分加熱するだけでお鍋が食べられるなんて、本当に便利ですばらしい時代だなぁ〜と感動してしまいます。

1食あたり
エネルギー 334kcal
たんぱく質 17.7g
脂質 18.5g
炭水化物 26.3g(糖質 22.2g・食物繊維 4.1g)
食塩相当量 3.7g

というわけで水餃子入りのキムチ鍋を食べるべく、近所のセブンイレブンへ出かけましたが見当たらない!あちこち3軒まわりましたがどこにもなく、置いてあったけど売り切れている雰囲気もなく、しょんぼりしながら帰途につきました。

セブンイレブンのホームページを見てみると、ん?あら?販売地域が新潟県・富山県・石川県のみ。え、東京都は対象外で、なぜ数ある中からその3県……?


次々と疑問は浮かんできますが、今住んでいる東京都では売っていないようです。なぜだー。今のご時世キムチ鍋のためだけに新潟県のセブンイレブンまで行けないですし…。

これから順次全国展開してほしいので、セブンイレブンの偉い人よろしくお願いします。

大人しくお鍋用の野菜とキムチと水餃子を買って、家で手づくりすることにします。食べた人は感想教えてください(笑)

 

***

あのキムタクもハマった餃子鍋

餃子鍋はいつもの鍋に餃子を入れて一緒に食べるものですが、2021年にSNSを中心に話題となり餃子鍋を作って食べる人が増えました。

というのは、あのキムタクこと木村拓哉さんがInstagramに投稿したことがキッカケだそうです。キムタクが餃子を食べることに内心驚きと感動に包まれています(笑)


寒い冬にお鍋を食べると体がポカポカ温まりますが、これからやってくる本格的な暑い夏では冷房の効いた涼しい部屋で熱々のキムチ鍋を食べるのも乙なものですね。

キムチに含まれているカプサイシンには発汗を促す作用があるので、汗をかいて血の巡りが良くなり代謝がアップにもつながります。夏バテして食欲が低下しがちなこれからの季節にピッタリかも?

 




 

***

野菜と一緒に食べる水餃子も発売中

セブンイレブンのお惣菜コーナーには2020年から「野菜と一緒にポン酢で食べる水餃子」も発売中。

308円(税込332円)

餃子の皮が緑色なので野菜が練りこまれているのでしょうか。500Wの電子レンジで2分加熱するだけで食べられ、1/2日分の野菜と食物繊維が6.6gとたっぷり取れるのでいいですね。ポン酢をかけることでさっぱりとした味わいになりそう……

最近初めて知ったので食べたい!とすぐに思い立ち、セブンイレブンへ駆け込みましたがまたもや見つからず……ホームページを見てみるとデジャブ?販売地域は石川県・福井県・東海・九州のみでした。どっちも食べられる石川県ズルイ。

本当は売っている場所まで行って買いたいところですが、ご時世を考慮してキムチ鍋と同様にこれも自分で野菜たっぷりサラダを準備して茹でた水餃子をのせて作ることにします。

1食あたり
エネルギー 195kcal
たんぱく質 8.5g
脂質 4.1g
炭水化物 34.4g(糖質 27.8g・食物繊維 6.6g)
食塩相当量 4.1g

 

***

まとめ

今回はセブンイレブンの新発売された「キムチ鍋 水餃子入り」と「野菜と一緒にポン酢で食べる水餃子」についてお伝えしました。

一部の地域でのみ販売していないようですので、エリアに住んでいる人はぜひセブンイレブンへ行って買って私の分まで味わってください。

エリア外の人は自分でキムチ鍋と餃子を用意してキムチ餃子鍋を作りましょう。野菜と水餃子にポン酢をかけて食べましょう。

 

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。