ヤケド注意!六本木でアツアツの肉汁水餃子はいかが?

 

 

東京・六本木といえば、六本木ヒルズや東京ミッドタウンの大型商業ビル、芸能人が住むような高級マンションがあり、美術館や駐日大使館も多く国際的なビジネス街と繁華街です。

オシャレで高級なイメージが強い六本木に、庶民的な食べ物と言っても過言ではない餃子を食べられるお店がほとんどないだろうと思っていました。

ですが、先日六本木へ行く用事がある際に、ダメ元で“六本木・餃子”で調べてみたところ、六本木以外にはない餃子屋さんを発見!

今回は六本木にある水餃子専門店「餃包(GYO PAO)」についてお伝えします。

 

 

***

アクセス最高!駅1分

六本木にある餃子屋「水餃子専門店 餃包(GYO PAO)」は、六本木ヒルズにも東京ミッドタウン内にもありません。

東京メトロ・地下鉄大江戸線の六本木駅、6番出口を出てすぐ左手に大きな交差点があります。道路を渡らずに三菱UFJ銀行の前を右へ曲がって、すぐにこの黄色い看板が見えます。

たどり着くまでの時間は、駅の出口から歩いて1分でした。雨の日でもちょっと駆け足で行けばギリギリ濡れないかも!?

奥の席には中華料理店でよく見る赤い提灯がぶら下がっており、木製のあたたかい雰囲気がある店内なので、1人でも気軽に入りやすかったです。

スマホ注文&キャッシュレス払い

席に着くと店員さんが紙のメニューを持ってきて簡単にオススメを説明してくれた後、壁に貼ってあるバーコードを指差して一言。

「注文はバーコードを読み取って、スマートフォンでお願いします」

うわ〜なんか今っぽい!(笑)最近はスマートフォンで注文する時代なんですね。やや浦島太郎状態(笑)

昔ながらの餃子屋さんや町中華・中華料理店では、券売機方式でなければ店員さんへ声をかけて注文するので、スマートフォンを使う方法は初めてでビックリしました。

そういえば入店時に、現金は使えないためキャッシュレス支払いですが大丈夫か?と聞かれました。

普段現金派の人は、餃包へ行くときだけはクレジットカードかチャージしておいたSuicaを準備しておきましょう。

 

***

名物の水餃子はヤケド確定!?

注文してからしばらくすると、グツグツという音とともに黒い鉄なべが運ばれていました。

餃包 4個990円(+税)

アッツアツの中華スープに浮いた丸い水餃子とネギがたっぷり入った餃包(ぎょうぱお)です。テーブルに置かれてから数分はずっとグツグツしていました。炊き餃子と同じ感じでしょうか。

“餃包のおいしい食べ方”に沿って、まずはレンゲでスープを一口!してみましたが、熱すぎてヤケド未遂。いや、未遂ではなく若干口の中をヤケドしました(笑)熱々なのでしっかりと冷ましてからスープを味わいましょう。

レンゲでコロンと丸い水餃子をやさしくすくい、小籠包を食べる時と同じように水餃子を少しかじって肉汁をすすります。

やっぱり熱いけれどもっちりとした皮からあふれる肉汁をこぼさないように、化学調味料無添加で100%国産の豚肉の旨みだけを口の中で受け止めてください。

肉のジューシーさとスープの塩加減のバランスが絶妙で、どんどん食べ進めてしまいそうになるのですが、二口目から塩ゴマ油を水餃子にかけて味変!

塩ゴマ油のおかげで餃包の肉汁に一気にコクが加わるようで、ビックリするくらい味わい深くなりました。肉をメインにしたシンプルな水餃子だからこそマッチングだと思います。これはスゴイ!

 




 

***

揚げ餃子と餃子ソーセージも見逃せない

水餃子専門店 餃包には焼き餃子はありませんが、揚げ餃子と餃子ソーセージがあります。

ひとくち揚げ餃子 8個690円


1辺4cm程度の本当にひとくちサイズでした。ちょっと厚くて硬いパリパリとした皮なのでかみごたえがあって良いですね。控えめながら噛むたびにしっかりと餃子の旨みが味わえます。

レモンを絞って唐揚げ風にして食べることでグイグイビールが進むような、おつまみ感覚な一品。


餃子ソーセージは、見た目がソーセージで中身は餃子の餡という珍しいスタイルです。私も初めて見たので食べたかったのですが、残念ながら行った日の提供は終了していました…。また次回のお楽しみ。

ソーセージを齧るときのパキッとした食感と、中からあふれる肉汁が餃子の味なんだろうなあと想像するだけでヨダレが出てきそう。

 

***

まとめ

今回は東京・六本木にある餃子屋さん「水餃子専門店 餃包(GYO PAO)」をお伝えしました。

アッツアツの鉄鍋に入っているスープ水餃子を、ヤケドに気を付けながら小籠包式で食べましょう。

ジューシーなお肉の旨みが口いっぱいに広がり、その上に塩ゴマ油をかけるとやみつきになること間違いなし。

オシャレな繁華街で餃子が食べたくなったら、ぜひ行ってみはいかがでしょうか。

 

肉汁水餃子 餃包 六本木交差点

住所:東京都港区六本木4-9-8 リラビル1F
電話:050-3503-3119
営業時間:平日16:30〜23:45/ 土日祝 12:00〜23:45
*緊急事態宣言により変更となっている可能性があります。
定休日:なし
公式ホームページ

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。