突然ですが、8番らーめんって聞いたことはありますか?

そんなの当然知っているよ!というアナタは北陸地方出身か旅先で訪れたか、物知りなんでしょう(笑)

8番らーめんは関東や関西にはない、石川県を中心とするラーメンのチェーン店なのですが、ラーメンはもちろん餃子も人気なんです。

今回は8番らーめんの餃子、その名も8番餃子についてお伝えします。

 

 

***

北陸の定番!8番らーめん

8番らーめんは関東や関西では聞きなじみがありませんが、北陸地方では知らない人はいないというくらい有名なラーメンチェーン店。

日本で巻き起こっていたインスタントラーメンブームの最中、「8番らーめん」が1967年(昭和42年)に石川県加賀市で創業されました。国道8号線沿いにあるお店だから、店名に「8」と付けたそうですよ。

 

瞬く間に繁盛して人気となったにもかかわらず、2021年時点でも北陸3県と呼ばれる石川県・富山県・福井県と、長野県愛知県岡山県にしかないんです。その一方、海外進出済みで、タイには100店舗以上あるほど人気ぶり。

定番メニューはたっぷり野菜とチャーシュー、メンマ、8の字をあしらったかまぼこ(通称・ハチカマ)が入った野菜らーめん。

8月にローソン限定で8番らーめんのカップ麺が初めて発売されました。もうとっくに売り切れてしまったか…!?

 

***

8番餃子が人気のヒミツとは!?

創業から6年後から登場した「8番餃子」は、野菜らーめんとセットで頼む率が多い人気メニュー。


皮は北海道産の小麦粉、餃子の具材に使われている豚肉と鶏肉、キャベツ・玉ねぎ、ネギ、ニラ、ニンニク、生姜も全て国産。

ニンニクは青森県産でニオイが気にならないタイプなので、仕事中のランチでも構わず食べられるのは嬉しいですね。

美味しい上に6個250円でコスパも最強。ラーメンと餃子を含めたサイドメニューもテイクアウトOK、オンラインサイトからお取り寄せも可能。

(ちなみに、ラーメンの持ち帰りは不安かもしれませんが、麺は伸びないように伸びにくい麺を使い、スープはこぼれないように専用の容器に入れるなどラ工夫と対策はバッチリしています。)

8番餃子のこだわりで、家でもそのままの美味しさを食べられるように生餃子のまま冷凍しています。

 




 

***

家で冷凍8番餃子を食べてみた

今回は8番餃子の冷凍生餃子を購入したので、家で焼いて食べてみました。

30個入り 950円(税込)

右下のくり抜かれた餃子のフォルムが可愛いと思いながら開けてみると、ビニール袋に30個まとめて入っていました。賞味期限は大体2ヶ月。

8番らーめん公式YouTubeチャンネルに焼き方がわかりやすく紹介されているので、ぜひ焼く前にチェックしてみてください。

 

1個15gのひとくち食べられそうな小ぶりなサイズ。

香ばしいパリッパリの皮の食感を楽しんだら、ジュワッと肉の旨みを感じます。噛んでいくごとにキャベツや玉ねぎの甘みが全面的に舌の上で広がるというよりも、肉のジューシーさをバックで支えているような美味しさ。

最初のひとくちで感じる肉の旨みから、食べ進めていくごとに野菜の甘みが合わさってやさしさが増していくイメージ(伝わっていますか?笑)。

本当に入っていた!?と疑ってしまうくらい、ニンニクのニオイは食べている時も食べた後も全然気になりませんでした。

お取り寄せの8番餃子にはタレはついていないので、必要な人はお好みで準備してくださいね。

ちなみにジューシーな餃子だったので、醤油が入っていないポン酢と食べるとキュッと味が引き締まってハマりました。柑橘類を入れることを個人的にはオススメします(笑)


6個(90g)あたり

エネルギー 198kcal
たんぱく質 5.7g
脂質 11.4g
炭水化物 18.2g
食塩相当量 0.9g

 

***

まとめ

今回は北陸地方では有名なラーメンチェーン店「8番らーめん」の餃子についてお伝えしました。

野菜がたっぷり入った定番メニューの野菜らーめんと、皮パリパリ・中身ジューシーな8番餃子の相性が抜群なんだろうな〜と、餃子を食べながら思いました。

野菜らーめんと一緒に餃子を食べてみたくなりました。きっと売り切れているだろうけれど、8月上旬にローソンで発売された8番らーめんのカップ麺がまだ売っていないか、ダメ元で行ってみます(笑)

早く旅行ができる日が戻ってくることを願うばかりです。1個あたり小さいサイズで食べやすいので、ぜひ一度8番餃子を食べてみてください。

 

8番らーめん 本店

住所:石川県加賀市西島町チ3-2
アクセス:JR北陸本線 加賀温泉駅から車で8分
電話:0761-75-7503
営業時間:11:00〜24:00
定休日: 無休

 

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。