KALDIの餃子風味の大豆ミート食べてみた

 

コーヒーと輸入食品を多く扱っているKALDI (カルディ)というお店はご存知ですか?

 

コーヒー豆やドリップコーヒーはもちろん、パンダのパッケージが目印の杏仁豆腐・韓国のりなど超人気商品が多く、リピーターが増えているそうです。

 

実はKALDIには餃子にまつわる商品はあまりないのですが、ふらっと寄った日に餃子センサーが反応したと思ったら、「お肉じゃないよ 大豆だよ!にんにく餃子味」がありました。
(なぜか視線が惹かれて特定の商品が視界に飛び込むことありますよね?特定の商品が餃子ときは餃子センサーと呼んでいます。)

 

1つ321円でした。

私が購入したのは2月だったのですが、2021年の12月頃からKALDIで発売開始。賞味期限が半年以上先だったので棚に置いたまま食べることを忘れていました。

今は店舗によっては置いてないかもしれませんが、食べたのでレポートしていきます。

大豆ミートとは?

大豆ミートを一言で表すと、大豆に含まれているたんぱく質を肉に見えるように加工したものです。

元々ベジタリアン(菜食主義)やヴィーガン(完全菜食主義)など肉をはじめ動物性食品以外を食べるイメージが強かった大豆ミートですが、ここ数年で注目度が高まったことでスーパーでも売られるようになりました。


ご存知の通り大豆は“畑のお肉”と呼ばれており、肉と同じくらいの高たんぱくで、食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富という栄養価が高い上にノンコンステロールという最強食材。

 

ベジタリアンやビーガンのみならず、健康志向の高い人、ダイエット等で現在肉を控えている人の間でも取り入れる人が急増中なんです。

大豆だよ!にんにく餃子風味の正体

「お肉じゃないよ 大豆だよ!にんにく餃子味」(以下、大豆だよ!)は、大豆ミートに生姜・ニンニク・ラー油・ごま油など餃子でおなじみの食材と大豆油を混ぜ合わせて作られた、そのまま食べられる調味料。

それにしてもパッと見ると、本当にお肉にしか見えないのでビックリしました。大豆だよ!と書いてなければ多分わからずにお肉と思って食べると思います(笑)

大豆ミート自体はノンコレステロールですが、大豆だよ!は大豆油と合わせた調味料なので、栄養成分表示を見てもわかるとおり高脂質です。ご承知おきくださいね。

栄養成分表示(1瓶 80gあたり)
カロリー 507Kcal
たんぱく質 8.1g
脂質 48.7g
炭水化物 9.0g
食塩相当量 2.6g

 





 

食べ方①大豆だよ!× ご飯

食べるラー油にならって、まずはご飯にのせて食べてみました。

大豆ミートと認識しているからちょっと豚肉とは違う食感かな?と思うものの、ほぼお肉を再現していてビックリ。

ニンニクをガッツリときかせた餃子味と瓶に書いてありますが、全然ニンニクは気にならなかったです。食後には餃子を食べたなぁ〜と思う残り香でした。

ごま油がアクセントとなっていて、想像どおりホカホカのご飯との相性バツグン。おかずなしでこれだけでご飯が進んじゃいます(笑)

食べ方②大豆だよ!× 豆腐

今まで豆腐のトッピングはカツオ節と醤油か納豆でしたが、瓶にも書いてあったので大豆だよ!を豆腐(絹)にのせて食べてみました。

油分を豆腐がツルッと消してくれて、口のなかで餃子を味わえるような新感覚でした。

のせるだけで簡単に食べられる上に、今までになかった餃子味を豆腐で食べられるなんて!という感動。炭水化物を控えているときにももってこいですね。

試食:大豆だよ!× クラッカー

私が一時期ハマっていたKALDIの「食べるナッツソース(バジル味)」は、クラッカーにのせて食べると最高なんです。

同じそのまま食べられる調味料仲間ということで、大豆だよ!もクラッカーに食べてみました。

試した結果としては、大豆だよ!は油分が多いのでタレてしまうのでご注意を!あとクラッカーよりもやっぱりご飯が良い!と確信しました(笑)

まとめ

今回はKALDIオリジナル商品「お肉じゃないよ 大豆だよ!にんにく餃子味」についてお伝えしました。

大豆であることを忘れるくらい肉っぽさを再現しており、食後は餃子そのものでした。

食べるラー油と同じそのまま食べる調味料というポジションなので、ご飯はもちろん豆腐・サラダと一緒に食べるとGOOD!

KALDIで見つけたら、一度食べてみてください。

 

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。