四一餃子を取り寄せ!あっさり味でやみつき

 

今回は「餃子専門店 四一餃子」の取り寄せ餃子を食べたので、実食レポートをお届けします。

広島県の実力店、気になる取り寄せ餃子の味はいかに?

 

[前置き]私が取り寄せるまで

宣言することでもないですが、2022年秋に広島県へ行く予定があります。

これは広島県で餃子を食べる絶好のチャンス!と思い立ち、
3ヶ月も前から餃子屋さんを調べ始めました。(ちなみにメインイベントは餃子ではありません。笑)

そういえば、広島にはミシュランガイド掲載店があったな…と思い、正確な店名を確認。

餃子専門店 四一餃子(よんいち)」は、
ミシュランガイド2018広島・愛媛版に選出された人気実力店。

ですが、2020年10月から休業中ということで、残念ながら訪れても食べられないことがわかりました。

実業家 兼 タレントとして活動している、ホリエモンこと堀江貴文氏とのマスク騒動があったお店だったのか……と今更ながら思い出す私。
店名を見てピンッと来た人もいたのでしょう。

詳細はぎょうざ.comでは述べませんが (気になる人は他の記事を見てください。)、
現在は24時間無人販売所ネット通販(取り寄せ)で、お店の味を自宅で食べることができます。

 

 

ひとくちサイズの冷凍生餃子

前置きが普段の3倍ぐらい長くなりましたが(笑)、ここからが本編!実際に取り寄せた餃子について紹介します。

今回は初めてなので、ひとくち餃子(ノーマル)としそ餃子の定番セットにしました。

 


手で包んですぐにパッキングした、冷凍生餃子のようでした。

冷凍餃子と餃子に関する説明書のほかに、店舗がある広島県尾道市の観光パンフレットが入っていました。
これまで何回もネット通販で餃子を取り寄せましたが、パンフレットがセットだったのは初です(笑)

 




 

基本餃子はあっさり軽いから進む!

ひとくち餃子の食材はキャベツと豚肉がメイン、ニンニクは不使用とシンプル。
しょうが・黒こしょう・白こしょうが凄く効いていて、軽くてあっさり味でした。

しょうが餃子はどれだけ生姜が入っているんだろう?と疑問になるくらい、ひとくち餃子も充分生姜が効いています。

セットの店特製タレは、米酢と醤油に加えて、レモン・すだち・柚香(ゆこう)・橙(だいだい)の柑橘果汁入り。

自分は程よい酸味と爽やかな香りが、柑橘系のぽん酢と似ているなと思いました。

餃子にちょっと付けて食べると、キュッと味が引き締まって、さらに軽くより食べやすくなりました。箸が進むやつ!

 

シソ餃子はサッパリでやみつき

シソ餃子は、キャベツと豚肉そして広島県産のシソ。あとは調味料だけのシンプルな食材だから、
たっぷりと入った主役のシソがしっかりと効いて風味豊かで、サッパリ食べやすい

大胆ではない、上品という言葉が似合うシソ餃子。個人的にはタレを付けずそのまま食べるほうが、シソをしっかりと味わえて好みでした。


四一餃子は1個7cm・15g前後の小ぶりサイズ、おまけにあっさりとした味付けで餃子自体が軽いから、
何個でも大丈夫なんじゃないかという勢いで、パクパク食べちゃいました。

空腹だったとはいえ、ビールを飲みながら餃子合計30個をペロッと食べちゃったのはココだけの話……(笑)

まとめ

今回は、広島県の実力店・四一餃子の取り寄せ餃子について紹介しました。

ひとくちサイズで、キャベツと豚肉が基本ベースのあっさり軽い餃子は、クセがなくて何個でも食べちゃうくらい、やみつきになる味でした。

ニンニク餃子以外はニンニク不使用。ニンニクの匂いを気にしなくて良いので、ランチにももってこいですね。

2022年時点では、無人販売所とオンライン通販にて、四一餃子の味を楽しめることができます。

近くで行ける人はぜひ無人販売所へ、遠くて難しい人は取り寄せて、一度味わってみてください。

 

店舗情報

餃子専門店 四一餃子
住所:広島県尾道市土堂2-3-21
アクセス:JR山陽本線 尾道駅から徒歩12分
営業時間:平日11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
       土日祝11:00〜20:00
定休日:月・火
*2022年10月より休業中

 

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。