早稲田「1+ Dumpling」の水餃子が安くて絶品すぎた

 

東京・新宿区の早稲田は、近くに某有名大学がある学生の街。

そこで「1+ Dumpling」という、中国出身者が営む水餃子専門店を見つけました。

 

カフェのような可愛らしい店構えで、値段はびっくりするほど良心的。

普段なかなか見かけない水餃子の数々を満喫したので、今回紹介します。

早稲田にある水餃子専門店

名前のとおり近くに早稲田大学がある、学生の街・早稲田。

早稲田通り沿いに「1+ Dumpling」という、中国東北部の吉林省(きつりん)出身のご主人が営む、水餃子専門店があります。

読み方は、ワンプラス・ダンプリング

 

吉林省の位置(Wikipedia)

 

ちなみにDumplingは茹でた団子・餃子という意味なので、水餃子のなかでも茹で餃子と考えてよいでしょう。

本場中国の主流である水餃子をメインに扱っているということで、
現地の味を食べるために中国出身のお客さんも多いようです。


同じく早稲田の西側にある戸山公園のそばで、
早稲田大学・戸山キャンパスと諏訪通りを挟んだ反対側に、西早稲田店(姉妹店)もあります。

 




 

本場中国の味を満喫できる

水餃子が10種類、一皿10個300〜680円!財布にとってもやさしい値段。

制覇したい気持ちは山々ですが、二人で食べるとしても10個×10種類はさすがに完食が厳しいため(笑)、
今回は4種類注文しました。

 

  • 白豚:豚肉・白菜
  • 三鮮:エビ・豚肉・玉子・ニラ
  • 香豚:椎茸・豚肉
  • 鮁魚:サワラ(鰆)・ニラ

分厚い皮にたっぷりと具材が入った水餃子。中国出身の餃子屋さんや中華料理屋さんで見る、この丸みと形!!

写真では分かりにくいですが、微妙に外から見る色味が違うんです。

椎茸・豚肉の水餃子は、椎茸の茶色が透けており、
サワラ・ニラの水餃子は、ほんのりと薄く黄色がかっていました。

豚肉&白菜

中国では定番の豚肉・白菜は、肉がジューシーで白菜の食感も楽しめて、肉の旨みがじんわりと広がって、文句なし100点。

何も付けずにそのままでも充分美味しいですが、
黒酢と醤油でキュッと味を締めるのもよし、自家製のラー油とお酢でピリッと辛さと甘みを加えても、美味しかったです。

エビ・豚肉・タマゴ・ニラ

中国出身の餃子屋さんや中華料理屋さんで、時々見かけるエビニラ玉餃子。

今回も出会うことができました。
エビが噛むごとにプリップリで、ニラ玉とうまく絡み合って最高。この組み合わせ本当に大好き。

皮のなかに肉汁もたっぷり閉じ込められているから、口に入れて噛んだ瞬間からパラダイス状態。飲み込むまでずっとハッピー。食べ終わったらおかわりするべく箸をのばすというループにハマります。

食べたことがない人は騙されたと思って、一度エビニラ玉の餃子を食べてほしいです。

椎茸&豚肉

エビニラ玉餃子と同じく、椎茸が入った餃子も中国出身者のお店で見かけるメニュー。
私が餃子にハマったキッカケといっても過言ではないくらい、大好きな具材です。

椎茸の旨みと豚肉のジューシーさが見事に絡み合って、噛むたびに広がる美味しさ。分厚い皮が美味しい部分を全て包み込んでくれているような感じです。

お酒のおつまみにピッタリな味(笑)

中身を見たときは椎茸が優勢かな?と予想したのですが、見た目よりもずっと豚肉の美味しさも感じられます。

サワラ・ニラ

私の人生で初めて、魚が入った餃子に出会いました。変わり種な中でも群を抜いて変わり種だと思います。

  • サワラ(鰆)とは

    ・出世魚:サゴシ・サゴチ → サワラ(50cm〜)
    ・分類:サバ科の海水魚
    ・分布:北海道南部からオーストラリア
    ・味:白身・淡白だが甘みがありクセがない
    ・食べ方:西京焼き・刺身・フライ 等

恐る恐る一口食べてみると、あまりの美味しさに驚愕!

サワラの脂身がそのままギュッと閉じ込められて、なんとも表現しがたい初めての味。噛んで味わうごとに旨みが溢れ出てくるようなイメージ。

水餃子だからこそ活きるのだろうな…としみじみ考えました。

ちなみに具材の見た目は、卵よりむしろトウモロコシを潰したような淡い黄色でした。

未知との遭遇!けれども衝撃的で素晴らしい餃子でした。

まとめ

今回は東京・新宿区の早稲田にある「1+ Dumpling」を紹介しました。

中国出身の主人が手がける本場の水餃子は、どれも度肝を抜くぐらい本当に美味しかったです。

お店の近くに住んでいれば、確実に常連になるだろうな…(笑)

一皿10個入りで数百円というコストパフォーマンスも抜群。1000円で身も心も満足できると思います。

普段は焼き餃子派はあなたも、一度水餃子を満喫してみてほしいです。

店舗情報

1+ Dumpling(ワンプラス・ダンプリング)
住所:東京都新宿区早稲田鶴巻町109
アクセス:東京メトロ早稲田駅から徒歩7分
電話:03-4361-5180
営業時間:11:00〜14:30 / 16:30〜21:00
定休日:水曜日

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。