カップヌードルの肉汁餃子味を実食!その味は?

 

 

普段カップ麺を買うのは年に1回あるかないか、というぐらいほとんどないのですが、2022年は買いました。

その理由は、まさかの餃子とコラボしたカップ麺が発売されたからです!

それもインスタントラーメンの大手会社・日清食品から、
2022年11月7日に「カップヌードル 餃子 ビッグ」が発売されました。

餃子好きとしては食べないわけにはいかない!ということで、今回購入して食べてみました。実食レポートします。

ビッグシリーズについて

「カップヌードル 餃子 ビッグ」の前に、まず「カップヌードル ビッグ」について簡単に紹介します。

「カップヌードル ビッグ」は、カップヌードルのビッグサイズとしてさまざまなシリーズがあり、発売以来30年以上若い人たちを中心に人気の商品。真

通常のカップヌードルは内容量が78gに対して、ビッグサイズは104gと、約30g多いのです。

 

餃子はガッツリ食べたいときの定番メニューということで、カップヌードルでもビッグサイズにしたのでしょうか?

私自身、初めてのビッグサイズチャレンジなので、全部食べられるか不安な気持ちでいっぱいでした(笑)

餃子を目指したスープ

カップヌードル 餃子 ビッグ」は、“ごはんが無限に進むカップヌードルが作りたい” というコンセプトのもと開発されました。

旨みジュワッと肉汁餃子味”だけに、スープがニンニクとニラの風味をきかせた肉汁餃子をイメージ。

肉とキャベツやニラを加えて、かやくも餃子っぽくし、仕上げはしょうゆと酢をベースにラー油をきかせた餃子のタレをイン。

これでもか!というぐらいスープを餃子味にして、スープをおかずに白米を食べるという、ラーメンと餃子 = 炭水化物×炭水化物の組み合わせ。

***




***

実食レポート

発売日になっても近所のスーパーには売っていませんでしたが、ファミリーマートとローソンで見つけました。

ビッグサイズは縦12cm、直径およそ11cmと、通常のカップヌードルよりもふた回りほど大きく、買うかどうか一瞬ためらいました(笑)

1個 245円(+税)。

私のような餃子好きが多分勘違いしないように、「*本商品に餃子は入っていません」としっかり書いてあります。

熱湯3分経ったら付属の“餃子のタレ”を入れて完成なのですが、
私は餃子と同じく、まずは餃子のタレを入れずにそのままカップヌードルだけで食べました。

カップヌードル通からすれば違いがきっとあるのでしょうが、私が一口食べてみた感想は、定番のシンプルなカップヌードルと同じだなと思いました。

餃子のタレだけを味見してみたら、しょうゆと酢、ちょっとラー油のような辛さがきいていました。まさしく餃子のタレ

原材料名にラー油とは書かれてないので、香辛料か調味料に含まれているんだと思われます。

味がついた豚肉ミンチだけではなくキャベツ、そしてなんといってもニラの茎の部分が餃子っぽさをすごく感じました。
(肉とニラの茎が写真でわかりますか?)

しょうゆと酢、ピリッとした辛さがきいたスープはたしかに餃子風味だな〜と感じられずにはいられません。

餃子風味なカップヌードルだった〜という感想だったのですが、完食して気づきました。

食後の残り香、口の中が100%餃子でした。

 

ちなみにカップラーメンだけで満腹になると確信したので、白ご飯は準備しませんでした。
結果私自身の胃袋には正解でしたが、無性にビールかハイボールが飲みたくなりました(笑)

 

1食 (104g)あたり
エネルギー 490kcal (めん・かやく399Kcal / スープ91Kcal)
たんぱく質 10.6g
脂質 23.9g
炭水化物 58.2g
食塩相当量 7.1g (めん・かやく3.3g / スープ3.8g)

***

まとめ

今回は日清食品から2022年11月7日に発売された、新商品「カップヌードル 餃子 ビッグ」を紹介しました。

ガッツリ食べたいときに、ぜひ相性抜群の白米あるいはビールも準備して食べるべし。

このカップヌードルを食べるだけで餃子も味わえるという貴重な経験!ぜひ試してみてください。

 

 

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。