餃子のハルピンが噂どおり全部最強絶品だった

 

 

東京都三鷹市にある「餃子のハルピン」は、2022年40周年を迎えた老舗の人気店。

テレビや雑誌など数々のメディアで紹介されているので、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

10種類ある餃子のうち、今回は4種類を取り寄せてみました。

初めての餃子のハルピン、実食レポートします。

 

***

三鷹にある老舗の人気餃子店 

1982年12月オープンした「餃子のハルピン」は、東京都の三鷹駅・南口から歩くこと8分ぐらいで到着します。

40年と聞くと老舗感があるのかと思いきや、喫茶店と言っても信じちゃいそうな、清潔で小綺麗な雰囲気なお店です。

***

公式サイトより

***

様々なテレビや雑誌で紹介され、食べログサイトの餃子百名店に2019年・2021年に選出されている知名度ある人気実力店。

ちなみに隣に「元祖ハルピン」というよく似た名前の小籠包と餃子の店がありますが、こちらは「餃子のハルピン」店主の姉が切り盛りしています。

中国・哈爾浜市(ハルビン市)から日本に嫁いだ店主がつくる餃子は、本場中国の水餃子から考え抜かれた味で、皮からお店で手作り。

分厚いもっちりとした皮でヒダがゼロラードもニンニクも一切入れず、漢方薬と香辛料で味付けされた無添加の餃子。

お持ち帰り・お取り寄せした場合、焼き餃子はもちろん水餃子で食べても美味しく食べられるように作られています。

<餃子の種類>
・ニラ餃子  ・エビ餃子
・ホタテ餃子 ・大葉餃子
・チーズ餃子 ・イカ餃子
・セロリ餃子 ・鮭餃子
・ピーマン餃子・シイタケ餃子

***

まずニラ餃子が最強

餃子のハルピン(以下、ハルピン)の餃子は、どれも長さ10cmの大きめサイズで、定番はニラ餃子

焼き上がって皿に盛った途端、フワ〜ッとスパイスの香りが広がります。
口に入れる前から香るのは、今まであるようで意外となかったかもしれません。

食べている時も香辛料が常に香るけれど、キツくなくむしろクセになる程度にちょうど良い。

一口入れたら、反対側から半端じゃない量の肉汁がこぼれます!!
小籠包のように一口目で肉汁を吸う方がいいかもしれないと思うほどに、餃子に入っている肉汁の量じゃなくてビックリしました。

肉と同じくらいニラの旨みがギッシリ入って食べ応えあり。醤油とショウガの味がしっかりと付いているので、タレなしで大満足。

餃子だけで味が完結している私好みのタイプ。これはタレ付けるともったいない、タレを付けずに食べてほしいです。

餃子1個あたり(30.5g)
カロリー 68.6kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 3.4g
炭水化物 7.2g
食塩 0.2g

***




***

メインは肉のエビ餃子

エビ餃子は大きさ10cmで同じサイズですが、ニラ餃子よりも少し重い気がします。

一口食べると反対側からビックリする量の肉汁がこぼれるのは、ハルピンの餃子どれでもお約束のようです(笑)

これまで食べてきたエビ餃子は、エビがゴロゴロ入っていて常にエビのプリッとした食感を楽しめるタイプでした。
ハルピンのエビ餃子は豚肉がギューッと詰め込まれていて、噛むたびに肉の旨みを感じるのですが、ふとプリッとした感触とエビの甘みがフワッと広がる不思議な感覚でした。

大きく切られたエビが1つだけゴロンと入って存在感は出しつつ、主役は肉という初めてのエビ餃子は新たな発見。

餃子1個あたり(35g)
カロリー 93kcal
たんぱく質 3.5g
脂質 4.9g
炭水化物 9.3g
食塩 0.3g

***

大葉の風味がハンパじゃない

大葉は焼き餃子と水餃子にして食べてみました。

焼いて皿に移した直後は、香辛料の独特な香りがフワ〜っと広がるのですが、一口食べた途端に大葉だけの世界。


香辛料はどこへやら?状態で、肉汁たっぷり味わいながらも大葉の風味が全面的に感じられて爽やかさもありました。

水餃子にすると、皮が油で焼かない分、もっとつるんとした舌触りともっちもち感がハンパじゃありませんでした。

餃子1個あたり(33g)
カロリー 95kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 5.2g
炭水化物 10.0g
食塩 0.3g

***

間違いないホタテ餃子

海鮮系の餃子といえばエビの次に、ちょっとレベルを上げると登場するホタテ。

やっぱり間違いありませんでした。エビ餃子とは違い、小さく切ったホタテがいくつか入っていました。噛むたびにギュッと味わえるイメージ。

肉汁とホタテの旨みのコラボレーション最強でした。

餃子1個あたり(33g)
カロリー 84kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 4.5g
炭水化物 8.5g
食塩 0.2g

***

まとめ

今回は、東京都三鷹市にある超人気の「餃子のハルピン」について紹介しました。

人気なだけではなく実力店。本場中国の味と日本人の口に合うよう考えられた餃子はどれも絶品でした。

タレを付けずに餃子だけでしっかりと味わえるというのは最高ですね。

取り寄せしたことで、実際に店舗へ足を運んで、他の餃子も食べてみたくなりました。

この美味しさ、ぜひ一度味わってみてください。

店舗情報

餃子のハルピン
住所:東京都三鷹市下連雀3-31-8
アクセス:JR 三鷹駅(南口)から徒歩8分
電話:0422-42-8030
営業時間:11:30〜14:30 / 17:00〜22:00
定休日:火・水
*時短営業のため、詳細は公式HPをチェック
*お持ち帰りあり

 

 

この記事を読んでいる人は、こちらの記事も読んでいます。